マニュアル制作

マニュアル制作業務に関するご案内

わかりやすい取扱説明書(マニュアル)とインターフェース設計という視点から、メーカーとユーザーとの間にかけ橋を渡す情報デザインを行います。

21世紀に変わる頃から、マニュアル制作はコストダウンばかりに注目が集まり、メーカー/サービス提供者とユーザーとの間のコミュニケーションツールであることが疎かにされてきました。しかしUXに注目が集まる中で製品/サービスのみならずマニュアル自体の利用状況(context in use)の重要性が再認識されつつあり、単純な操作説明・仕様説明からの脱却がこれまで以上に求められています

このような悩みを解決します!

  • マニュアルの品質に不満がある。とにかく品質を改善したい。
  • 新コンセプトの製品なので、マニュアルも刷新したい。
  • マニュアルが単に仕様書のリライトになっていて、ユーザーの視点が欠落している。
  • 製品組み込みの操作情報と、マニュアル単体の組み合わせ方法が難しい。
  • 最近マンネリ気味だ。既存の制作体制を変えるつもりはないが、現場に刺激を与えたい。

弊社がお役に立てること

操作説明書や業務マニュアルなど、各種のマニュアル制作を企画構成から原稿作成、DTP編集、納品データ作成まで一貫して対応いたします。

  • AV/IT機器を中心としたコンスーマー系製品のマニュアルを得意としていますが、極端に特殊な業界知識が求められるものを除いては、各種ハードウェア/ソフトウェアから業務マニュアルまで特に不得手はありません。
  • お客様には「ラフな仕様書から完成マニュアルまで持っていく力」「ゼロベースでの構成企画力」を評価されており、新規・大幅改訂案件に強いと自負しています。
  • 企画構成作業のサポートや原稿レビューのみなど、特定プロセスのみの外注支援業務にも対応いたします。
  • Webサイト上の説明文章作成にも対応いたします(Webコンテンツ作成支援)。
  • マニュアル制作に対する弊社のスタンスについて詳しくは、弊社運営「ラプラス取説研究所」内の「マニュアル制作入門」をご覧ください。

費用について

弊社にも基準コストは存在しますが、実際にはお客様のご都合にあわせて柔軟に調整させていただきます。参考までに、ここ数年の平均単価はおおよそ以下の通りとなっています。

  • 原稿作成+DTP編集一式(1ページあたり):新規作成¥8,500〜¥9,500、流用作成¥5,000前後
  • フォーマットデザイン(一式):新規作成¥150,000〜¥250,000、流用・調整¥70,000〜¥80,000
The 1140px CSS Grid System · Fluid down to mobile